介護福祉業界の平均年収は約300万円前後が多い

福祉業界は障害者を対象としたものや高齢者を対象としたものなど色々とありますが、とりわけ介護福祉業界の平均年収は約300万円前後が多くなっています。
ただ、通常の介護士がその金額ですので、介護福祉士やケアマネージャーなどの専門職に絞ってみてみればその金額はもっと高くなってきます。
例えば前者の場合は340万円程度がその平均年収と言われています。
国家資格を持っていることで資格手当を出してくれる事業所も多いですし、介護事業所を作るときには一定人数以上の要員が必要ということもあって、その需要が高く年収も比較的高くなります。
後者のケアマネージャーの場合は、介護士よりも資格取得が難しいことや、ケアプランの作成という介護業界では非常に重要な役割を持つ人材ですので、平均年収は400万円前後とデータで出ています。
将来的に稼げる仕事をしたいなら、ケアマネージャーなどの専門職として働くのがオススメになってくるでしょう。