福祉施設で働く人の平均年収について

福祉施設で働く人は平均年収が低いことで知られていますが、職種による違い・年齢・資格の有無や働く事業所ごとによっても違いがあります。
職種毎にはホームヘルパーは約290万円・介護職員約300万円・介護福祉士約320万円・ケアマネジャー約360万円と平均年収に違いがあります。
また、勤務先による違いもあり同じ職種で約290万円のところもあれば約400万円のところもあります。
なので、就職するときには勤務先の待遇や給与を調べて比較してから選択するようにしましょう。
福祉の分野は医療の分野に比べて人の善意で支えられ成り立ってきた歴史がありますが、ここ最近の傾向は待遇改善を促進するところも増加してきてます。
労働に見合った給料を支払おうと言う流れが出てきており、その流れが進めばもっと給料が良くなり平均年収そのものも押し上げられていくでしょう。
事実、給料が安い為に常に人手不足で悩んでいる業界であり、給料の面で離職する率が最も高い業界でもあります。
今後は給料の改善と共に一生働ける職場としての労働環境の改善が急務とされている業界です。