平均年収だけでは分からない福祉の仕事

福祉の仕事と一言で言っても、いろいろ種別があります。
まず、介護士やホームヘルパー、ケアマネージャーなど介護に携わる仕事、作業療法士、訓練指導員などリハビリに関する仕事、民生委員や保育士なども当てはまります。
これらの仕事、どれをとっても現代の世の中に無くてはならない仕事です。
必要とする人々は増加の一途をたどっているにも関わらず、これらの仕事の平均年収は、需要の多さ、仕事内容に見合っているとは思えません。
少しずつ処遇が改善されてきてはいるようですが、まだまだなのが現状です。
日本のこれから、超高齢化社会を考えても、女性の社会進出を考えても、福祉の仕事に対する報酬をそれに見合ったものにすることは急務なのです。
しかし、仕事に対してのやりがい、人に必要とされると言う事の喜びなどはお金には換算できないかけがえの無いものです。
自分が社会の役に立っているということをこれほど分かりやすく実感できる職種はあまり多くは無いでしょう。
給料とは別の魅力がたくさんある、それも福祉の仕事の一面でもあるのです。

階によって価格が違うので、私のオススメは3階が安くて雨にも濡れないのでいいと思います。

法人様ならさらにお得のエアコン設置
プランをぜひご覧ください

【発送代行】のことなら>>>株式会社ココドットのサイト

最新記事

  • 福祉の仕事で働いている人はその仕事の種類によっても年収に違いがある場合があります。
    ですから平...

    続きはコチラ

  • 医療法人や社会福祉法人、民間の施設など介護福祉士が働く事業所はさまざまあります。
    その中でも正...

    続きはコチラ

  • 福祉施設で働く人は平均年収が低いことで知られていますが、職種による違い・年齢・資格の有無や働く事業所...

    続きはコチラ